スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅籠 かやうさぎ (大分県 琴平温泉) 『雅』   その2

2010.06.20.00:25

今回はお風呂のご紹介デス

『かやうさぎ』には内湯“ゆらぎ湯”そして、内湯と露天風呂のある“岩魚”があります。
泉質は炭酸水素塩・塩化物泉
日替わりで女性・男性変わりますので、宿泊すると両方のお風呂が楽しめます

また『雅』には檜の内風呂と、外には岩をくりぬいて造った露天風呂が
お部屋に温泉が付いていると、
いつでも楽しめて最高ですよね

それでは、『more...』へお進み下さい



    banner_22.gif  参加中です、クリックを宜しくお願いします花花

015
雨も降ってないし、どうせならやっぱり露天風呂に入りたい
お先に 露天 岩魚 を紹介します。

016

手前には内湯、奥の扉の向こうに大きな露天があります。
内湯側には、なんとウサギがいるんですヨ

017

内湯とはいえ結構広めデス。
湯船も建物も木造りでいいですね。ゆっくりくつろげました
レトロな雰囲気も心地良いですねぇ
窓が大きく取ってあって、湯屋が明るかったのが印象的
ラッキーだったのは、当日は満室だったのに
お泊りの他の方々とお風呂で出会うことがありませんでした。
でなきゃこんなお写真は無理デスネ

018

では、露天へ参りましょー
一歩足を踏み入れますと右手に洗い場があるのですが、
多くのお客様が利用する露天で
こんなに広く露天の洗い場を取ってくれているところは
これまで巡ってきたお宿の中でもなかったように思います
自分にとっては本当に嬉しかったんですよね
洗い場でシャワーを手に持って目をつむって使うと
どうしてもシャワーが後へ向いて湯船に入ったり、
下手したら他のお客様にかけてしまうことがあります。
実はかかったことがあるので、シャワーの使用には注意している方ですが
目をつむっているとどこを向いてシャワーが出ているか
分からないものデス

019

横長の岩露天
植物と建物の屋根の間に空がぽっかりと見えます。
空を見上げるのっいいですよね?、なんかスッキリします
耳を澄ませたら、鳥や虫の声がしますヨ

020

体もポカポカ温まってくつろげたところで、お風呂から上がりますと
脱衣所には冷たい飲み水が置いてありました
このサービスはとっても嬉しいですよね

021



さて、続きまして 内湯 ゆらぎ湯 デス。
脱衣所はレトロ且つ清潔感があって素敵でした

022

023

お風呂に続く扉を開けると、真っ暗な中にぼんやりと明かりがありまして
3メートル位通路が出現します
そこを抜けると内湯に到着
湯船は大人が4?5人入れるくらいの大きさで、
大きなレトロ窓から光が入ってきて中の様子もしっかり見えました
湯船に浸かると肩までしっかり、ちょうどよい深さ。
深すぎるというお客様の為の湯船専用イスもありましたヨ

024

真四角の湯船へ向かってお湯が出ていますが、
あれは一体何なのでしょうか

025

焼き物。。。タコツボ

027

026

窓の外には、お宿の横を流れる三隈川が見えます。
お湯に使っている間、川の音が聞こえて良い気分デスヨ



今回は温泉三昧の記事でした
しかし、まだお部屋のお風呂を紹介しきれていません
以外に長くなってしまいましたので、お部屋の方はまた今度。
更新が大変遅くなって、本当にすみませんでした。
次回からはもっと早く更新していきます
また是非見に来てください。お待ちしています


    banner_22.gif  参加中です、クリックを宜しくお願いします花花

015

スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

puhipuhipuhi

Author:puhipuhipuhi
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
来て頂いた皆さま~
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。